03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

エスパス ドゥ マダム

桜・さくら・桜 

m-DSCF1006.jpg
 例年桜のシーズンには一枚仕上げ
 ようと、桜見に行く時は
 スケッチブック持参で~

 今年は家の近くの芭蕉会館の
 桜が見事!
 今年がというより、周りの雑木、木々を
 刈ったので、見通しがよくなり
 目立ったということなのだが・・

 我が家はこの会館より高い所~
 日常生活に車が欠かせないのは
 わかるでしょう?
 (F4号)

2017/04/21 Fri. 14:30 | trackback: 0 | 本文: 0edit

滋賀水彩にむけ下描き 

m-DSCF0989.jpg ポルトガルのポルト

 坂の上から路地をみ、その向こうの
 町の屋根、屋根・・
 更に丘の上には教会が聳えて~

 かなり引きこんでスケッチして
 あったものを絵にして。

 坂が多く、絵にしたい風景が
 あちこちに見られるポルトの町。

 我々の世代には、「赤玉ポートワイン」の
 町というと馴染めるだろうか?

 搬入はあと一か月強~

 アトリエも連休で休止するのでピッチをあげないと・・ (ファブリアーノ 20号P)


2017/04/13 Thu. 17:43 | trackback: 0 | 本文: 0edit

10分間スケッチ 

m-DSCF0981.jpg
 スケッチをするにあたり、ある限られた
 時間を使って、ポイントをおさえ、線で
 サクッと描くやり方があるらしい~

 今回の絵は、3月に哲学の道、傍の
 大豊神社に行った時の10分間スケッチから~

 僅かな時間なので、ポイントは
 <こまねずみ>を描こうと思ったのだが・・

 やはり、欲張って鳥居から木々、お社
 など盛りだくさん!

 ただ風景の切り取りが決まると、確かに早く
 描けるようになってきたな、と感じるこの頃♪
 (F4号)

2017/04/04 Tue. 00:31 | trackback: 0 | 本文: 0edit

クラーナハ展をみに大阪に 

クラナハ
 友人が応募して得たチケットを頂いて
 久しぶりに連れ合いと美術展に。

 クラーナハ、代表作と言われるヌードの
 女性たちは、一度見たら忘れられない~
 とにかく妖艶で秘密めいている・・

 旧約聖書、ギリシャ神話からのモチーフ
 (特に女性)は多くのルネサンス画家たちと
 同様なのだが、表現のしかたが独特
 
 「聖カタリナの殉教」等は、
 その冴えたる例~
 
 当時としては斬新だったよう


  = ルーカス・クラーナハ =     1472‐1553 ドイツ・ルネサンスの画家
  初期の作品はウイーンで描かれ後、選帝侯ルードリッヒ三世の御用絵師となり工房を構え制作

  会場の<国立国際美術館>は初めて行ったのだが、外形が斬新というのか・・
  隣接する<大阪市立科学館>かと思い(無機質に見えるわけで~)目の前で迷う

  また、美術館の斜め向かいは関西電力本社、くしくも高浜原発の抗告審の決定の日。
  反原発のノボリに太鼓とがんばっている男性がいて・・




2017/03/29 Wed. 22:38 | trackback: 0 | 本文: 0edit

第34回京都水彩展 

m-cutDSCF0923.jpgborder=
 昨日から始まった京都水彩展

 今回は単純な構図ながら、中心に据えた
 藤の蔦がインパクトを与えるかなと・・
 でも、展示で並べられると
 緑の色が何と薄いことか!

 しかしながら、水彩画だよ、アクリルや
 油絵のような描き方じゃぁ・・

 懲りずに好きなスタイルで描き
 出品したのだから不平は言うまい!

 自分としては、今までより暗の部分が
 描けたと思っているのだが。
 
 タイトル 巡りくる夏  (30号 アルシュ)




m-ぼかし字DSCF0929



2017/03/22 Wed. 18:21 | trackback: 0 | 本文: 0edit